新卒プログラマーに求められるもの

新卒プログラマーとして、社会に出る方の中には、「本当に、この知識や技術で、社会に出ても大丈夫だろうか?」と不安に感じている方がいるでしょう。「これで、本当に勤まるだろうか?」と思っている方もいるでしょう。プログラマーといえば、専門職ですから「今の知識では、不安」と感じている方も多いと思います。

では、新卒プログラマーには、企業はどういったことを求めているのでしょうか。
専門職となると、「すぐに、即戦力として仕事をしなければいけない」と思っている方も多いと思います。しかし、企業側では新卒のプログラマーに即戦力は求めていません。当然、経験も少ないですから、企業側としては「これから、育てていく」という気持ちで採用していることになりますから、最初から多くの知識や技術を求めら得ることはありません。企業側が求めているのは、何よりもこれからプログラマーとして活躍してくれること。

そのため、入社後1ヵ月から3カ月程度は、研修を行っている企業が多く、ここで再度プログラマーについて学ぶことが出来ます。その後は、先輩の下につき仕事を覚えていくことになりますが、最初からプログラムを行うのではなく、雑用などが多くなるでしょう。「こんな仕事をするために、プログラマーになったんじゃない」と感じる方もいると思いますが、新卒の方はビジネスマナーなども身についていませんから、最初のうちはビジネスマナーなども含めて、社会人としての知識を身に着けていくことが大切。
社内の規則やマナー、社内の人間の名前を覚えるといったことが大切となります。プログラムを行うのは、これらを終えたからとなるでしょう。
このように、新卒プログラマーは知識や技術より、社会人としてもマナーなどを身に着けることが大切となります。これから、プログラマーとして活躍出来るためには、この段階を踏んでいくことが大切となるでしょう。